その他の症状

▼ スマホ首について

スマホ首というのはどういう現象でしょうか?
簡単に言うと、スマホを見る時に下を向くことで、首や肩を痛めてしまう症状です。

頭痛や寝違え、ぎっくり首の原因にもなります。

STICKER_20170205225928.png


スマホ首には2種類ある

スマホ首は2種類に分かれます。

「あご引き首タイプ」と「突き出し首タイプ」です。

誤解されがちなのが、猫背な姿勢ばかりでになることのように思われますが、むしろ、猫背ではなくあごを引いて下を向くことで起きることが多いのがスマホ首の症状です。

あご引きタイプは背すじを伸ばしたまま、あごを引くことでスマホを見ます。猫背にならないようにと気をつけていて、一見するといい姿勢でスマホを見ている感じがします。

この姿勢は、首の筋肉がピーンと張った状態になるため、首の張り、肩こり、頭痛、後頭部の張りなどを引き起こします。

気をつければ気をつけるほど、なってしまうので注意が必要です。


改善方法は、下を向くときに適度に背中を丸め、あごを引かずに首の前湾を残すことです。

あとは、あまりスマホを下に持っていかないで、手で上に持ち上げることです。


突き出し首タイプを改善するには

次のスマホ首の突き出し首タイプです。突きだし首って何!?そう思うのも仕方ありません。

突きだし首とは、わたしが猫背と区別するために呼んでいる首を前に突きだした悪い姿勢です。

わたしが多くの人の姿勢をみていると、ひとくちに猫背と言っても大きく二つにわかれます。

ひとつは、背中が丸い猫背。

もうひとつは、背中は丸くないけど、首が前に突き出た猫背です。


これは、もはや猫背とひとくくりにしないで、区別したほうがいいと思います。なぜかというと、それぞれ姿勢の正しかたが違うからです。


どちらの割合が多いかというと、突きだし首のほうです。実は、背中が丸くなっている人って若い人ではそんなに多くないし、むしろ猫背を気にして真っ直ぐにしすぎることで、首こりや肩こりなどの不調に陥っています。


では、突きだし首はどうやって正していけば良いのでしょうか?

正解は「頭を引く」です!

あごを引くのとは違います!あごを引くとストレートネックといって真っ直ぐになった首になってしまいますからね。気をつけましょう!


頭を引く!というのは簡単なようで、できない人が多いです。顔が正面に向いたまま、頭を後ろに引く。

試しにやってみてください!
意外と難しいと思います。鏡を見ながら練習しましょう。感覚をつかむとできるようになります。
前に出したり、後ろに引いたりしているうちに動くようになります。

引きすぎには注意です!
マックスに引いたところから、少し緩めたくらいがちょうどいいです。ストレッチとしても、とても有効なので、スマホやPCを見ながら疲れたらやってみてくださいね!

【住 所】〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階
【アクセス】JR藤沢駅から徒歩2分 / 小田急線藤沢駅から3分 / 江ノ電藤沢駅から3分
【代表者】佐藤 厚(さとう あつし)


インターネット割引

24時間ネット予約受付可能   メールお問い合わせ
デイリーエコケアステーション / 電話:0466-21-8988 / 〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階