その他の症状

▼ 腰痛と立ち仕事の関係性

慢性的な腰痛になりやすい職種に立ち仕事があります。
飲食業、アパレル業、販売業など当店にもたくさんのお客様が来店されています。

なぜ、立ち仕事は腰痛になりやすいのでしょうか?


なぜ、立ち仕事は腰痛になるのか

腰痛になる原因は主に2つあります。
1、同一姿勢の継続
2、筋肉の緊張状態
です。

この2つともが立ち仕事には当てはまります。


同一姿勢の継続

筋肉は同じ姿勢でじっとしている状態が血流が滞り疲労物質がたまりやすくなります。

じっとしているほうが楽な気がしますよね?適度に動きがあるほうが、筋肉にとっては楽な状態なのです。

なので、立ち姿勢が続けば続くほど腰痛は起こりやすく、少しでも歩くことがあったほうが腰は動きがあるので楽です。


筋肉の緊張状態

筋肉は力を入れている状態が続くと、こったり張ったりします。

立っている状態は姿勢を維持するために、腰の筋肉は常に力を入れている状態になるため、腰痛になります。

時々、お客様からこんな声を聞きます。
「立っている時に良い姿勢を心掛けてたのに腰が痛くなった」
これは、良い姿勢にしようと力が入りすぎて、かえって腰の筋肉の緊張が強まり、腰痛になってしまう例です。


少しでも楽になる為に

主に立ち仕事では、筋肉が疲労して起こす疲労性腰痛が起きます。緩和するためには、マッサージやストレッチ、温熱療法などは有効です。


ある程度は立ち仕事をする上では、疲労性腰痛になることは仕方のない部分がありますが、できるだけ楽なように予防することはできます!

ポイントは、筋肉の緊張状態を緩和させることです。

立っている状態を維持するため使う筋肉は、腰の筋肉だけではありません。お腹の筋肉も使います。

腰の筋肉とお腹の筋肉が5:5で働いている状態が正しい姿勢です。

ですが、慢性的な腰痛をお持ちの人は、腰の筋肉が10の状態で立っています。お腹の筋肉を使っていないのです。

当店では、この部分に注目してしっかり「お腹の筋肉を使う姿勢」に体を矯正していきます。


立ち仕事による腰痛でお困りの方は、諦めないで当店にご相談くださいね!

【住 所】〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階
【アクセス】JR藤沢駅から徒歩2分 / 小田急線藤沢駅から3分 / 江ノ電藤沢駅から3分
【代表者】佐藤 厚(さとう あつし)


インターネット割引

24時間ネット予約受付可能   メールお問い合わせ
デイリーエコケアステーション / 電話:0466-21-8988 / 〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階