その他の症状

▼ 椎間板ヘルニアと腰痛

外科性腰痛に当てはまります。
椎間板ヘルニアはレントゲン検査だけでは、正確にはわかりません。MRI検査によりわかります。

整形外科では、椎間板ヘルニアが疑われる場合でも症状が重篤ではなく、手術などの外科的な処置を施す必要がない場合は、MRI検査は行わないことケースも多いようです。
(大きな病院でないとMRIがない場合も多いです)


椎間板ヘルニアだからといって諦めてはいけません

椎間板ヘルニアと診断を受けてもあきらめないでください。ひとくちにヘルニアといっても、何も症状が出ないものから、手術が必要な重篤なものまであります。

椎間板ヘルニアがあっても痛みが何もない人はたくさんいらっしゃいます。
「ヘルニア+姿勢性腰痛」という公式で痛みが起きている場合がほとんどです。
よほどひどいヘルニアでなければ、例えヘルニアがあっても、姿勢性腰痛の問題を解決すると楽になります。

当店の整体と整形外科を上手く併用しながら、施術を行うことをお勧めします。


腰部椎間板ヘルニアの主な症状

腰部の痛み、臀部から足先にかけての痛みやしびれ。筋肉的な痛みだけではなく坐骨神経痛など神経的な痛みが伴う場合が多いです。脚の裏側に痛みが出る場合が多いですが、前側や外側に出ることもあります。症状は片脚に出る場合がほとんどが両脚に出ることもあります。

常に痛みやしびれがある場合と前屈などの動きによって痛みやしびれが発生する場合があります。どの動きや体勢によって痛みやしびれが起きるかが、どのような矯正を行うかのヒントになります。

その他、朝起きた時に痛みが強い、寝返りが痛い、座ったり立ったりが痛い、靴下を履く動作で痛いなどの症状があります。椎間板ヘルニアではなく、ぎっくり腰でも同じような症状が出る場合もあるので注意が必要です。


当店の整体では

椎間板ヘルニアには共通するゆがみがあります。骨盤の側方変位です。骨盤が背骨に対して、右側もしくは左側にずれるのです。
sketch-1527986433444.png
sketch-1527986482164.png

このゆがみにより椎間板の中の髄核というものが、側方に飛び出してしまいます。これが神経にあたると痛みが出ます。骨盤の側方変位を矯正することで、神経にあたらなくなると症状が緩和していきます。(ヘルニアが無くなる訳ではありません)

この骨盤の側方変位はぎっくり腰になった場合にも必ず起きています。ぎっくり腰の時に適切に、矯正を行うと側方変位は戻るのですが、そのままにしておくとぎっくり腰の痛みは収まっても側方変位はそのままになり、それが原因で椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。


整形外科で対症療法しか行われない場合(手術に至らない場合など)は、当店での整体やカイロプラクティックを受けることも検討してみてください。

【住 所】〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階
【アクセス】JR藤沢駅から徒歩2分 / 小田急線藤沢駅から3分 / 江ノ電藤沢駅から3分
【代表者】佐藤 厚(さとう あつし)


インターネット割引

24時間ネット予約受付可能   メールお問い合わせ
デイリーエコケアステーション / 電話:0466-21-8988 / 〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階