その他の症状

▼ 腰椎分離・すべり症と腰痛

腰椎分離・すべり症は外科性腰痛になります。腰椎を横から見たときに、腰椎の並びから前方にずれた状態をいいます。

腰椎は5つあり、前方にカーブを描いている状態で並んでいます。そのカーブの曲線から前方にはみ出すようにずれてしまうです。これがすべり症です。

この時に、腰椎の椎体が前後に分裂してしまうと、分離症となります。

診断するためには、整形外科の受診が必要でレントゲンの撮影によりわかります。

椎体が前方にずれることにより、脊髄を圧迫し神経痛を起こしたり、不安定な状態を支えている筋肉が緊張を起こし、症状が発生します。


症状は

腰椎分離・すべり症になると、腰部の痛みや臀部や足にかけての痛みやしびれが起きる場合があります。

その時に両足に痛みやしびれがある場合と片足のみに痛みやしびれがある場合があります。痛みやしびれの出方はどの場所に神経圧迫が起きているのかによって変わってきます。

分離・すべり症になっても痛みやしびれなどの症状が何もない場合もあります。
腰が痛くて、整形外科で腰椎分離・すべり症と診断されても、必ずしもそれが原因ではない場合もあるので注意が必要です。

その場合は、悪い姿勢の連続により起こる姿勢性腰痛や疲労性腰痛により症状が出ていることになります。

こんな「反り腰」な姿勢の人はなりやすいです。
sketch-1527509902580.pngsketch-1527509837865.png


当店の整体でできること

腰椎分離・すべり症の場合も、他の外科性腰痛と同じで「症状=外科性腰痛+姿勢性腰痛」の公式が当てはまります。

痛みは、必ず複合的な要因によって起きています。
当店では、姿勢性の問題を解決していくことで症状の緩和を目指していきます。

そもそも、腰椎分離・すべり症になりやすい姿勢があります。それは「反り腰」と「のけ反り腰」です。この姿勢になると腹筋群によって腰椎を前から支える・抑える力が弱くなってしまいます。

その為、腰椎が後方から前方に押されてしまい、ずれていってしまいます。

この姿勢を改善することにより、腹筋群が正常に働きだすと前方から腰椎を支える腹圧が高まり、腰椎が安定します。

そうすると、すでに腰椎分離・すべり症になっている場合でも、症状が緩和していくのです。これは、ずれの進行を防ぐことにもなります。

もし腰椎分離・すべり症になっても、諦めずにまずは、姿勢の改善を行っていくべきです。


腰椎分離・すべり症のセルフケア

自分でできることとしては、「反り腰」「のけ反り腰」にならないようにすることです。

しっかり腹筋を使った姿勢を意識して腹圧を高めることが大切です。

その為には、腹筋を鍛えるトレーニングがお勧めです。おへそを覗きこむように、上体を丸めながら腹筋の運動を行うことがポイントです。

腹式呼吸でお腹をへこませる練習をすることもお勧めです。外からの腹圧を高める力が入るようになります。

【住 所】〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階
【アクセス】JR藤沢駅から徒歩2分 / 小田急線藤沢駅から3分 / 江ノ電藤沢駅から3分
【代表者】佐藤 厚(さとう あつし)


インターネット割引

24時間ネット予約受付可能   メールお問い合わせ
デイリーエコケアステーション / 電話:0466-21-8988 / 〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階