藤沢の整体 デイリーエコケアステーション HOME > コラム一覧 > なぜ、ダルビッシュ選手と大谷選手は体を大きくしたのか?

肩こり腰痛博士の読むだけで健康になるコラム

▼ なぜ、ダルビッシュ選手と大谷選手は体を大きくしたのか?

当店の整体によくご来店される方はご存じかもしれませんが、私(佐藤)は大の横浜ベイスターズファンです!

わたしの休みの日といえば、もっぱら野球観戦です。


sketch-1529835253912.pngそんな野球好きな私が気になるのは、肉体改造をしたダルビッシュ選手と大谷選手です。両是非とも、今季、肉体改造をしてかなり体が大きくなりました。

野球選手が体を大きくすることの是非はプロ野球OBの中でも意見が分かれます。否定的な意見も多いですね。

個人的には、肉体改造をして体を大きくすることは悪いことだとは思いません。ただ、過剰に大きくしすぎるのはいけないと思います。人には適正体重があるので、大きくしすぎると、体も動かなくなるし、関節にかかる負担も大きくなります。

あと、一概に大きくしたから、いいor悪いとは言えません。大切なのは筋肉をいかに上手に使うかなのです。どんなに筋肉をつけても、実際にプレーをするときに使いこなせていなければ意味がありません。

今までに体を大きくして失敗したと思われる選手は、この点が上手くいっていないように思います。


筋肉を増やす目的とは

現在のダルビッシュ選手と大谷選手をみていると、ダルビッシュ選手より大谷選手が心配です。特にピッチングです。

筋肉をたくさんつける一番の目的は力を抜くことなのです。

筋肉をつけたのに力を抜く!?

なんか矛盾しているようですよね。
せっかく力をつけたのだから、その力を使いたくなりますよね。

これが失敗する大きな要因です。


ダルビッシュ選手はこのあたりがよくわかっていらっしゃるのは、ダルビッシュ選手の発言に表れています。

ダルビッシュ選手は今まで球速150キロのボールを投げるのに9割の力で投げていたのを、筋肉量を増やすことで7割の力で150キロのボールを投げられるようになる。という旨の発言をしていました。

力を抜くために筋肉をつける!

これぞ、肉体改造をする目的なのです。


脱力することが大切

私は普段から「脱力」の重要性を訴えてきました。
肩こりや腰痛を改善するコツも「脱力」にあります。スポーツ選手全般にも、この「脱力」が重要だといえます。

その「脱力」を素晴らしく上手くできているのが、ダルビッシュ選手であり、大谷選手なのです。
あと、野球選手でいえば柳田選手や山田選手も上手です。

元広島カープのマエケン選手のマエケン体操も「脱力」のイメージがありますね。


大谷選手は今までできていた「脱力」がピッチングのときは上手にできなくなっている印象です。バッティングのほうは相変わらず上手にできています。

ピッチングのほうでは、より速い球を投げようと力んでいるのでしょうか?変に力が入っているので球速は速いのですが、伸びや切れがないのか打たれてしまっていますよね。

ここはダルビッシュ選手を見習って6、7割くらいの力で投げてみてはどうでしょうか?

このままでは大谷選手が怪我をしてしまうのではないかと心配です。


コラム一覧ページに戻る >

更新日:2016.06.02

【住 所】〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階
【アクセス】JR藤沢駅から徒歩2分 / 小田急線藤沢駅から3分 / 江ノ電藤沢駅から3分
【代表者】佐藤 厚(さとう あつし)


インターネット割引

24時間ネット予約受付可能   メールお問い合わせ
デイリーエコケアステーション / 電話:0466-21-8988 / 〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階