藤沢の整体 デイリーエコケアステーション HOME > コラム一覧 > 最近耳にする「巻き込み肩」の本当のところ

肩こり腰痛博士の読むだけで健康になるコラム

▼ 最近耳にする「巻き込み肩」の本当のところ

最近よく「巻き込み肩」というワードを耳にします。
巻き込み肩になると、見た目も悪いし、肩こりなどの不調の原因になるよ~ということのようです。

当店の整体に来店されるお客様にも、それを気にされている方がよくいらっしゃいます。

今回は、専門家が現場で感じる「巻き込み肩」の実情をお話ししていきます。


巻き込み肩って何?

巻き込み肩といわれているのは、肩(上腕骨の上の部分)が前に入り、肩甲骨も前に出てきて、いわゆる猫背な姿勢の状態だと思います。

悪い姿勢と言われて思い浮かべる代表的な姿勢ですよね。


整体の現場で感じる巻き込み肩

当店の整体に来店されるお客様のお話を聞いていると「肩が前に出てしまうのが気になる」といったお声をよく聞きます。

でも、実際に姿勢を拝見するとそんなに気にしなければいけないほど、肩は前に出ていません。

当店の整体では、「肩が前に出ているので、後ろに引いて!」「もっと胸を張って!」とアドバイスすることはほとんどありません。

お客様とのギャップ、なぜ生まれるのでしょうか?


誤解されている「いい姿勢」


インターネット上で骨格の模型を検索してみてください。整体やカイロプラクティックなどによく置かれている一般的な模型が検索できると思います。

その模型を横から見てみると、皆さんが思っているよりも、肩は前にあるのがわかりますか?

一般的ないい姿勢は、背中のラインに肩がある状態をイメージすると思います。実際に、雑誌や本で見かける「いい姿勢」はそんな姿勢の写真が多いです。


肩の正しい位置は体の真ん中

STICKER_20170326152533.png肩の本当の正しい位置は、体の真ん中、もしくは少し前にあるのです。

このことは、多くのお医者さん、専門家も誤解しています。そして、当然一般の方も誤解しています。

壁に背中を着けたときに。肩は壁にくっついていてはいけないのです。

肩甲骨は背中に一直線ではなくて、肋骨に沿って斜めになっている状態がいい姿勢なのです。


オードリー春日さんは「悪い姿勢」

一般的ないい姿勢を誇張したのが、オードリーの春日さんの姿勢ですよね。(最近はあまり以前ほど胸を張っていませんが)

さすがに、あれがいい姿勢とは思わないでしょうが、なんとなくの「いい姿勢」ってあのイメージですよね。

あの姿勢は良くないのです!

一番真似をしてほしくない姿勢です!


巻き込み肩を気にすると肩こりになる

実は、一番やって欲しくないのは、巻き込み肩を気にして、胸を張ろうとすることなのです。

無理に胸を張るくらいだったら、巻き込み肩であるほうがいいと思うくらいです。

そもそも、肩の正しい位置は思っているより前なので、実際には、巻き込み肩でもなんでもない人が多いですし、無理に直さなくてもいいのです。


無理に直そうとすると、胸を張ります。
そうすると肩甲骨の内側に力が入りますよね?

この「力を入れた状態が肩こりの原因」なのです。

さらに胸の筋肉は、ピンと張りますよね。
これも良くないのです!筋肉はゴムのようなもので、力を入れて縮ませ過ぎても、ピンと伸ばし過ぎてもいけないのです。


無理がなく、巻き込み肩じゃないのが理想的

一番いいのは、ストレッチや姿勢の矯正を受けることで、自然にしていて巻き込み肩ではない状態が理想的です。

無理して常に意識して直そうしていることは、良くないのです。

オススメのストレッチは立位での上体反らしです。
その時にしっかり胸を張り、背中をそっくり返すように反らすことが大切です。(ストレッチの時に胸を張ることはOK)

まとめ

巻き込み肩は、

・思っているよりもなっていないので、気にしすぎないこと

・なっていても、直そうとして胸を張らないこと

・直したいのであれば、ストレッチなどをすることで直すこと

が大切です。

コラム一覧ページに戻る >

更新日:2017.03.26

【住 所】〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階
【アクセス】JR藤沢駅から徒歩2分 / 小田急線藤沢駅から3分 / 江ノ電藤沢駅から3分
【代表者】佐藤 厚(さとう あつし)


インターネット割引

24時間ネット予約受付可能   メールお問い合わせ
デイリーエコケアステーション / 電話:0466-21-8988 / 〒251-0052 神奈川県 藤沢市 藤沢556 クリアN1階