腰痛を改善するには

病院では何もしてもらえない!

マッサージを受けても良くならない!

もう腰痛にならない!腰痛改善に強い当院のヒミツをご紹介します。

腰の痛い女性

こんなお悩みはありませんか?

  • 慢性的な腰痛でマッサージしても楽にならない
  • 痛くて病院に行っても、特に何もしてもらえなかった
  • 腰の片側だけに痛みがあって辛い、座っているのがきつい
  • 腰だけではなくお尻や脚にかけても痛い、しびれがある
  • 朝起きた時に、屈むのが怖い、辛い

一つでも当てはまる方もご安心ください。

当院ならそのお悩みを改善できます!

腰痛の原因とタイプとは?

腰が痛い女子

現代人を悩ます腰痛には、様々な症状や原因があります。

急性のものから慢性のもの、揉むだけで良くなるものから手術が必要なものまであります。

「いつまでたっても腰痛が改善しない」そんなお悩みをお持ちの方も多いのが現状です。

多くの腰痛持ちの人は、こんな状態で悩んでいます。 

  • 病院に行っても・・・特に何もしてもらえない
  • マッサージなどに行っても・・・気持ちいいけど改善しない

では、腰痛を改善するためにはどうしたら良いのでしょうか?

改善する為には、次の2つの道筋をしっかり見極める事が必要です。

  1. 何が原因で痛みが起きているのか?
  2. 何をしたら改善できるのか?

当院では、下記の流れで施術を行い様々なタイプの腰痛を改善へと導きます。

  • まず徹底的にお体の検査を行い、原因をみつける
  • 原因に合わせた施術、運動療法などを行う

当院では、腰痛を主に以下の4つのタイプに分けています。

多くの場合は、どれか1つではなく、この4つが組合わさり痛みを引き起こします。

どのタイプが症状のメインになるのかを見極めることが大切です。

タイプ1.姿勢性腰痛

例)悪い姿勢(反り腰、のけ反り腰)、ゆがみなど

腰の痛い男性

当院の整体が大きな効果を発揮するタイプであり、9割の腰痛に当てはまります。

姿勢が原因で、筋肉の緊張が強くなり、張りやこりが起こり痛みを感じます。

レントゲン上では異常とはみなされない為、病院では処置のしようがないタイプです。

マッサージなどで一時的な緩和はできても、原因となる姿勢が変わらない限りまた同じ状態になってしまいます。

タイプ2.疲労性腰痛

例)長時間の労働、同じ作業の繰り返しなど

疲れた女性

筋肉が疲労することにより痛みを感じます。

腰痛の中でも軽い症状で、マッサージをするだけでも楽になる状態です。

初期の段階に多く、一時的な症状の場合も多いですが、普段の生活がオーバーワークであると慢性的になります。

タイプ3.外科性腰痛

例)椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、骨折など

診断する医師

整形外科での、レントゲン、MRIなどの検査で問題が出てくる腰痛です。 外科的な処置が必要になります。

ヘルニア、脊柱菅狭窄症などが当てはまりますが、外科的な処置が必要な場合は、腰痛全体の1割に満たないといわれています。

それなので、9割方のヘルニアは痛みなどの症状がない状態にすることは可能です。

タイプ4.心因性腰痛

例)仕事による精神的ストレス、日常生活の不安など

悩む女性

精神的なストレスが原因で起きるタイプの腰痛です。

嫌だなと思う気持ちや不安な気持ちが脳に作用し、痛みを起こしていると考えられています。

脳の中の、痛みを抑える、和らげる働きをしている部分が上手く機能しなくなっていると言われています。

実は、当院の専門の姿勢がこの部分にも影響を及ぼしていると考えられています。

悪い姿勢は精神的なストレスを感じている時と同じ状態の脳にしてしまうことがわかっています。いわば「脳が誤作動」している状態といえます。

すべての腰痛は複合的な要因で起きている。

多くの症状は、姿勢性腰痛+外科性腰痛というような感じで、複合的に合わさることで痛みが引き起こされます。

外科性腰痛は、整形外科での処置が必要ですが、単独で痛みが起こることは少ないです。必ず姿勢性腰痛や疲労性腰痛も絡んで痛みは起きています。

当院の整体で、姿勢性腰痛や疲労性腰痛の問題を解決すると、外科性腰痛があっても、痛みが改善されます。

なので、ヘルニアと言われたからといって、手術しか方法がないわけではないので、あきらめないでください。

最近、医療業界では慢性腰痛は脳のトラブル(錯覚、勘違い)によって痛みを発しているという研究がされています。エコケアでは、この脳のトラブルを引き起こしているのも姿勢だと考えています。

当院の特徴は、間違った姿勢の改善にあり!

当院では、長年に渡り姿勢の研究を行っております。

その結果、腰痛のほとんどの人が反り腰のけ反り腰になっていることがわかりました。

反り腰の例

女性に多い反り腰

のけ反り腰

男性に多いのけ反り腰

この反り腰とのけ反り腰の矯正が、腰痛改善の最大のポイントです。

反り腰が直った

反り腰が矯正された例

のけ反り腰が直った

のけ反り腰が矯正された例

このように矯正されると、腰にかかっていた負担が軽減され腰痛が楽になっていきます。

お腹が引き締まっていくのもポイントです。姿勢が矯正されたことで腹筋がうまく働くようになるので、お腹は引き締まり、その分腰にかかる負担が減るわけです。

これは、すべてのタイプの腰痛の要因になるので、ぜひとも改善したいところです。

なぜ、反り腰になる?

反り腰は大きな原因の一つは、姿勢に対する誤解にあります。

  • 背すじをビシッとすることがいい姿勢だと思っている
  • 腰に体重を乗っけるのが正しいと思っている
  • 腰が丸まることを過度に恐れている

以上のことから必要以上に腰を反りすぎている、反らなくてはいけないと思っていることが反り腰の原因になります。

自分は反り腰だと分かっていても直せないのが反り腰の特徴です。

なぜなら、直すと悪い姿勢になってしまったと感じてしまうからです。長年の癖で感覚がズレてしまっていることで真っすぐな姿勢でも丸まっていると感じてしまうのです。

なぜ、のけ反り腰になる?

のけ反り腰の大きな原因は、姿勢の悪さにあります。

  • 猫背になっている
  • 腹筋を使えていない
  • ぽっこりお腹になっている

猫背とセットでなってしまうのがのけ反り腰の特徴です。猫背を直そうとしてなっている場合もあります。

反り腰と同じく自分では上手く直せない場合が多いので、当院での姿勢矯正が必要です。

ご安心下さい!医学博士も訪れる当院が腰痛からあなたを救います!

施術腰

当院の整体では、まず徹底的にお体の検査を行い、どのタイプに当てはまるのかを見極めます。

姿勢性腰痛であれば、状態の分析をしていきます。

  • どんな姿勢が原因なのか?
  • どんなゆがみがあるのか?
  • 背骨の可動域は正常か?

それを踏まえて、適切な施術を行います。

短期間で良くなるものから、長期間かけて施術を行う必要があるものもあります。

検査の結果を踏まえて、次のような改善していきます。

  • 痛みの出ない姿勢への改善
  • 背骨の動きの正常化
  • 筋肉の張り、凝りの改善
  • 運動療法による筋肉の正常化

ただ揉んでいるだけでは、腰痛は良くならないのです。

実際に施術を受ける前と後の変化をご覧ください。

藤沢市にお住まいの女性(20代/職業:会社員)

施術前

腰痛②施術前

前屈をしたときに、腰が固まっていて動いていません。

腰の筋肉が過剰に緊張して収縮した状態です。その為、腰の痛みを感じています。

姿勢性腰痛の代表的な症状です。日常的に、反り腰になっている方がなりやすいです。

施術後

腰痛②施術後

腰が動くようになったので、背骨が丸まるようになりました。

縮こまっていた筋肉が弛んで伸びるようになりました。

腰の筋肉がゆるゆるに柔らかくなっています。腰の痛みも楽になりました。

施術効果には個人差があります。

腰痛が良くならないとあきらめないでください!

スタッフの声かけ

もう腰痛が治らないと諦めなくて大丈夫です。

当院にはその痛みを改善できる理論と技術、そして経験があります。

病院に行ったけどダメだった、マッサージがやめられない、そんなお悩みがある方は、当院に一度ご相談ください。

こちらで姿勢やゆがみをみていただくと、嘘みたいに楽になります!

笑顔3

若いころから肩こり、腰痛、膝痛に悩んでおり本当につらかったです。

いろいろなところに通ったのですが、満足いく結果は得られませんでした。

こちらで姿勢やゆがみをみていただくと、嘘みたいに楽になります。

いつ来ても同じ雰囲気で安心できますし、先生、受付さんがとても丁寧で熱心です。

※施術効果には個人差があります。