《黄金の方程式》で肩こり、腰痛を改善!

質問と答え

この方程式を知っているだけで肩こり、腰痛、膝痛、四十肩(五十肩)、ヘルニア、坐骨神経痛などなどさまざまな症状が改善に向かう、そんな道しるべになります。

その黄金の方程式とは、「痛み=外科的な要因+外科的ではない要因」です。

意味が分かりますか!?

割合を言うと、外科的な要因は1割、外科的ではない要因は9割です。

なぜ、病院では様子見で終わるのか?

質問する医師

よく整形外科でレントゲンを撮って、検査をしてもほとんどの場合、これといった問題はないと言われて湿布や痛み止めのお薬をもらって終わってしまいます。

こんな経験をされた方は多いのでないでしょうか?

ぼくが言いたいのはそれはあくまで外科的に問題がないということに過ぎないということです。それなのに、問題がないんだ~、ほっておくしかないんだ~と諦めてしまいますよね。

この方程式の意味はそれで諦めなくてもいいんですよ!ということです。

だって、9割以上の肩こりや腰痛などの痛みは外科的な要因以外のことから起きているのですから。病院に行っただけで何もしないのは勿体ないですよ!

主な外科的な要因とは?

ヘルニアの模型

骨折やねん挫、脱臼などの外傷系や椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病名がつく要因です。

外科的な要因がある、例えば椎間板ヘルニアがあったとしても外科的ではない要因も痛みの原因が必ずあるので、ヘルニアがあると言われても諦めずに、外科的ではない要因を解決していくことが大切です。

多くの場合は、ヘルニアといってもそれで症状が改善されていく場合が多いです。

外科的ではない要因、それは姿勢にある。

足を伸ばす女性

肩こりや腰痛を解消したいのならどうしたらいいのか?

病気では湿布をもらうだけだし、マッサージを受けてもその時は気持ちよくてもすぐに痛くなる。整骨院で電気をかけるだけでは何の変化もない。こんな人は多いのではないでしょうか?

ほとんどの腰痛は病気でも怪我でもないので、病院に行っても治らないのです。

腰痛のほとんどは医学的には問題がないというのが、最近のお医者さんの見解です。このことはNHKでも、時々、取り上げられています。

では、どうしたらいいのか?

答えは姿勢にあります。

姿勢は、当たり前すぎて深く考えられていない。

畑仕事をしている時のように前屈みな姿勢をしていたら腰は痛くなりますよね?このことは誰も異論はないはずです。

逆にリンボーダンスのような姿勢をしていても、腰は痛くなりますよね。では、お笑い芸人の江頭2:50さんがよくやるお尻をつき出したようなポーズ。これもずっとしていたら腰は痛くなりますよね。

実はここまで極端ではありませんが、腰痛持ちの人はそれに近い姿勢をとっているのです。

しかも、姿勢を良くしようとしているのになっているのでたちが悪いです。多くの人はその事に気付いていません。

江頭さんほど極端であれば短時間で痛くなるので分かりやすいですが、そこまで極端ではないので長時間かけて痛みが出るのです。だから姿勢が原因だと気づけないのですね。

本気で腰痛を解消したいのなら、まずは姿勢を変えなければ絶対に解消されません。