膝痛を改善するには

階段の昇降が辛い

病院では歳だから仕方ないで終わり

あきらめないで!膝痛改善に強い当院のヒミツをご紹介します。

膝を抑える男性

こんな膝痛のお悩みはありませんか?

  • 階段の昇り降りが痛くてうまくできない
  • スーパーまで歩いていると痛みが出る
  • 膝の内側が重たく、しゃがめないひどいと寝れない
  • 病院で軟骨が擦り減っていると言われた
  • 歳だから仕方ないと言われてがっかりしている

一つでも当てはまる方もご安心ください。

当院ならそのお悩みを改善できます!

膝痛の3つのタイプ。

膝の痛み

膝の痛みは、多くの人を悩ませている症状です。中高年に多い症状ですが、意外と若年齢層にも見られます。

産後の子育て期にもなりやすく、子育てを辛くさせる要因のひとつです。

膝痛に悩んでいる人の多くは以下のような状態です。

  • 湿布を貼って様子を見る
  • 加齢だから仕方ないとあきらめる
  • 痛み止めの注射を打つ

病院でも根本的な解決の手法がないのが悩ましいところです。

ですが、当院で多くの症例を見ていると3つのタイプに分けることができ、解決の方法が浮かび上がります。

膝痛を引き起こすタイプには以下のことが挙げられます。

タイプその1.体のゆがみの影響

例)骨盤のゆがみで左右のバランスが悪い、反り腰で突っ張った歩き方

骨盤のゆがみ

背骨や骨盤などのゆがみや姿勢の悪さが影響しているパターンです。

歪みのひずみが膝に現れているということです。ゆがんだ体の状態のまま、歩いたり荷物を持ったり生活を送っていると、一部の関節に過度な負担がかかります。それが膝に現れた為に膝の痛みが起きます。

  • 筋肉のこわばり、張り
  • 関節の炎症

などにより痛みを発します。

痛いので筋肉に力が入り、さらに血液循環の悪化と筋肉の弾力性が低下していきます。

この繰り返しで膝の痛みが慢性化します。

タイプその2.外科的な問題の影響

例)半月版の損傷、軟骨の擦り減りなど

診断する医師

整形外科で診断をされるような問題ですね。

怪我などの外傷性の問題で起きたりもしますが、ある程度は長年の生活の中で軟骨は擦り減っていくのは仕方のない部分があります。

お医者さんではこの問題だけを取り上げるので、「膝痛は歳だから仕方がない」という結果になってしまいます。

当院の長年の臨床結果では、外科的な問題のみで痛みを発しているケースは稀なので、タイプ1や以下に挙げるタイプ3の問題を解決すると多少の軟骨の擦り減りがあっても痛みはなくなるケースが多いです。

タイプその3.神経痛の影響

例)腰痛の影響、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など

腰を抑える男性

膝そのものの問題ではなく、腰から出ている神経などの影響で痛みを発するタイプです。

これはなかなか気づきにくいタイプの問題です。

膝ではなく主に腰の問題を解決しなければなりません。レントゲンで膝だけを見ていてもわからないので、「なぜ痛いのだろう?」という不安感からさらに神経痛が起きるという負のスパイラルにもなりやすいです。

  • 何もしなくても痛い
  • 腰を曲げたりすると痛い

などの特徴が挙げられます。

痛いから筋肉が緊張し、筋肉がこわばり余計に痛くなることも多いです。

膝痛は放置してはいけない。

膝の痛みは我慢していると余計に悪化し慢性化することが多いです。

  • 筋肉が緊張しこわばる
  • 神経が過敏になる

以上のことから、悪い循環が続いてしまうのです。

かばっているうちに腰や股関節が痛くなることもあります。

早めに回復させたほうが良い理由がここにあります。

ご安心下さい!施術実績豊富な当院が膝痛からあなたを救います!

膝の施術

当院の整体では、痛い膝だけではなく、まず徹底的にお体の検査を行い、どのタイプの問題があるのかを見極めます。

その為、お体全体の状態の分析をしていきます。

  • 膝の動きはどの程度あるのか?
  • どんな姿勢なのか?
  • どんなゆがみがあるのか?
  • 力の入りすぎはあるか?
  • 背骨の可動域は正常か?

それらを踏まえて、適切な施術を行います。

膝痛は「外科的な問題+体のゆがみ&神経痛」の複合で起きています。

外科的な問題があっても、体のゆがみや神経痛の問題が解決されれば痛みは感じなくなる場合がほとんどです。

なので、エコケアでは多様な視点から原因を探っていくことで、最短での改善を目指していきます。

検査の結果を踏まえて、次のように改善していきます。

  • 神経の状態の改善
  • 痛みの原因となるゆがみの改善
  • 背骨の動きの改善
  • 筋肉の張り、凝りの改善
  • 運動療法による筋肉の柔軟性のアップ

ただ湿布を貼ったり揉んでいるだけでは、膝痛は良くならないのです。

膝痛が良くならないとあきらめないでください!

スタッフの声かけ

もう膝痛が治らないとあきらめないで大丈夫です。外科的な問題だけではないのですから。

当院にはその辛さを改善できる理論と技術、そして経験があります。

いつまでも続く痛みからいち早く抜け出したい!そんなお悩みがある方は、当院に一度ご相談ください。