四十肩・五十肩を改善するには

腕を挙げるのが辛い

病院では体操しか教えてもらえない

最短で腕が挙がる!四十肩・五十肩改善に強い当院のヒミツをご紹介します。

肩が痛い女性

こんな四十肩・五十肩のお悩みはありませんか?

  • 腕が真上に挙げられない
  • 睡眠中に肩が痛くて目が覚める
  • 洋服を着るときに痛くて腕が回らない
  • 戸を開こうとすると痛い
  • じっとしているときも腕にかけて痛みがある

一つでも当てはまる方もご安心ください。

当院ならそのお悩みを改善できます!

四十肩・五十肩の原因。

肩回りの筋肉

肩の痛みの中でも、特に辛いのが四十肩・五十肩と呼ばれるものです。

中高年に多い症状ですが、若い人でも予備軍と考えられる人は多いです。

医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれます。

原因ははっきり解明されていない症状です。

ですが、当院の多くの症例を見ているといくつか原因となる生活習慣が浮かび上がります。

四十肩・五十肩を引き起こす原因には以下のことが挙げられます。

原因その1.長時間の横向き寝

例)睡眠時に横向きばかりで寝ている、テレビを寝転びながら観ているなど

横向きに寝る女性

横向きに寝ていると下になっている側の肩が体重で圧迫されます。それにより肩周辺の筋肉、特にインナーマッスルと呼ばれる小さな筋肉に以下のことが起こります。

  • 血液循環の悪化
  • 筋肉の弾力性の低下

この状態のまま肩を動かし続けることによって、炎症を起こし痛みを感じます。

痛いので筋肉に力が入り、さらに血液循環の悪化と筋肉の弾力性が低下していきます。

この繰り返しで腕が挙がらないなどの動きの制限されてしまいます。

原因その2.腕の内側へのねじれ

例)長時間のPC作業、テニスやゴルフのスイングなど

マウスを持つ女性

日常生活では腕を内側にねじることが多いです。

PC作業中は手の甲が上に向いていると思います。これは、腕を内側にねじっている状態です。

この状態を長時間に渡り続けていると体にその癖がついてしまいます。

内側にねじれた状態で、腕を動かしたり捻ったりすると筋肉に炎症が起きてしまい、四十肩・五十肩となってしまいます。

原因その3.腕の力の入りすぎ

例)肩に力が入りやすい、腕を突っ張る癖があるなど

力を入れて歩く

当院に通われている方の共通点として「力の入りすぎ」があります。

これは様々な症状の原因となります。

無意識のうちに力が入っていて、自分ではそのつもりはないので気づいていません。

力が入った状態は以下の状態をつくります。

  • 血液循環の悪化
  • 筋肉の弾力性の低下

当院の専門としている姿勢は、この部分の改善にも良い影響を及ぼしていると考えられています。

力が入っている状態は筋肉を硬化させこわばらせます。

その状態のまま腕を動かし続けることでやはり炎症を起こ痛みが起きます。

四十肩・五十肩は放置しておくと逆側の肩もなる。

実は、四十肩・五十肩は片側がなった後に逆側がなる人が多いです。

なぜかというと、原因その1が関係しています。痛い側の肩を下にしていることは辛いので逆側の肩を下にして眠ることになります。

そうしていると、今度は逆側の肩が四十肩・五十肩になってしまうのです。

放置してのんびりしていると新たな症状が出てしまうという負のスパイラルに陥ります。

早めに回復させたほうが良い理由がここにあります。

ご安心下さい!施術実績豊富な当院が四十肩・五十肩からあなたを救います!

四十肩の施術

当院の整体では、痛い肩だけではなく、まず徹底的にお体の検査を行い、どこに問題があるのかを見極めます。

その為、お体全体の状態の分析をしていきます。

  • 肩、腕の動きはどの程度あるのか?
  • どんな姿勢なのか?
  • どんなゆがみがあるのか?
  • 力の入りすぎはあるか?
  • 背骨の可動域は正常か?

それらを踏まえて、適切な施術を行います。

四十肩・五十肩といっても軽症から重症なものまであるので回復までの期間は様々ですが、基本的には長期間かけて施術を行うことにより、問題を取り除いていくタイプの症状です。

ですが、エコケアでは多様な視点から原因を探っていくことで、最短での改善を目指していきます。

検査の結果を踏まえて、次のように改善していきます。

  • 肩、腕の動きを広げる
  • 痛みの原因となるゆがみの改善
  • あお向け寝ができるように背骨の動きの改善
  • 筋肉の張り、凝りの改善
  • 運動療法による筋肉の柔軟性のアップ

ただ動かしたり揉んでいるだけでは、四十肩・五十肩は良くならないのです。

四十肩・五十肩の改善は「ねじれ」がポイントです。

藤沢市にお住まいの女性(40代/職業:パート、主婦)

施術前

四十肩の改善例1

腕を挙げるのが辛い、典型的な症状です。

実は、四十肩・五十肩の特徴は「ねじれ」にあります。

四十肩の改善例3

腕を90度に曲げた状態から外側にねじる動作をしています。

通常であれば真横くらいまで腕がねじれますが、ねじる筋肉が固まっているので動きません。

施術後

四十肩の改善例4

固まっていたねじる筋肉が柔らかくなりました。

四十肩の改善例2

そうすると、自然に腕が挙がるようになります。

ねじれの動きを改善することで腕が挙がるようになりました。

ねじれの動きを改善しないまま腕を挙げようと無理な動きをさせてしまうとかえって痛めてしまいます。

「ねじれ」の動きの改善が辛い症状の回復への近道です。

施術効果には個人差があります。

四十肩・五十肩が良くならないとあきらめないでください!

スタッフの声かけ

もう四十肩・五十肩が治らないと悩まなくても大丈夫です。

当院にはその辛さを改善できる理論と技術、そして経験があります。

いつまでも続く痛みからいち早く抜け出したい!そんなお悩みがある方は、当院に一度ご相談ください。