背中の痛みを改善するには

背中に痛みがある

背骨と肩甲骨の間が痛い

原因があります背中の痛みに強い当院のヒミツをご紹介します。

背中の痛みがある女性

背中の痛みに関するお悩みはありませんか?

  • 背中の真ん中辺りに痛みがある
  • 背骨と肩甲骨の間に痛みがある
  • 筋肉というより奥のほうが重い
  • 息の苦しさを感じる
  • 枕が合わなくて仰向けに寝づらい

一つでも当てはまる方もご安心ください。

当院ならそのお悩みを改善できます!

背中の痛みの原因とは?

肩がこっているというよりも背中が痛い、重いという症状はよくあります。

レントゲンを撮っても原因はわからない場合が多いです。

何が原因なのでしょうか?

原因1.姿勢の悪さ

背中が丸くなった姿勢は、背中に負担大きくかかります。

原因2.長時間の同一姿勢

長時間同じ姿勢を続けるお仕事など、生活習慣が背中の筋肉を疲労させます。

原因3.骨盤の偏り

骨盤の左右のゆがみによっても、背中に負担がかかります。

この場合は痛みが左右に偏ります。

原因4.真っ直ぐな背骨

背骨はS字のカーブをしていることで、体重をクッションのように逃がしています。

真っ直ぐな背骨は体重が分散できなく、詰まったような感覚の症状が現れます。

背骨と肩甲骨の間の痛みの原因とは?

背中の痛みの症状の中でも、背骨と肩甲骨の間辺りに痛みが出ることがあります。左右のどちらかになる場合が多いです。

原因は骨盤のサイドスリップ(体の中心軸から左右どちらかにずれる)です。

骨盤というと腰に関係していそうですが、骨盤の上に背骨は乗っていますので、実は背中や首、肩にも関係しているのです。

大体の場合は、背中を反らす動きに制限がみられます。(動かすと痛い、上を向けないなど)

サイドスリップが改善されると、反らす動きも良くなってきます。

動きが出てくると、症状もかなり改善されてくるはずです。

当院独自の施術で背中の痛みを改善しましょう!

当院の特徴は、「お体の徹底的な検査」にあります。検査をして、何が痛みの原因なのかを科学的、力学的に調べます。

知っていただきたいのは、背中の痛みにはちゃんと原因があるのです。

背中の痛みがある人に共通すること

実は背中の痛みがある人には99%といっていいくらい「共通すること」があります。

それは、背中が後ろに反れないということです。

施術前

この写真は後ろに反れていない人の例です。

本来は、半円状に体がそっくり返るように反ることができます。

それが、背中の痛みがある人はそっくり返すことができないのです。

猫背のまま固まっている

なぜ、反れなくなってしまうのか?

一番の原因は、日常生活で「反ることがない」ことです。普通に生活していて体を反らすことはまずないですよね。

むしろ体を屈めたり、丸めたりすることばかりですよね。なので、猫背のまま固まっているような状態なのです。

もう1つは、前述したような骨盤のサイドスリップです。骨盤の左右のズレが、上に乗っかっている背中の動きを制限しているのです。

筋肉は、関節を、動かすとほぐれる

筋肉にはルールがあって、関節を動かすと筋肉は伸び縮みを繰り返しほぐれます。

背中の痛みを改善するためには、体を反れるようにして背中の関節を動くようにしなければならないのです。

施術後

背中が動く女性

この写真は施術後に背中が動くようになった状態です。

これだけ動くようになれば筋肉はよく伸び縮みできるようになり、弾力性のある状態になります。

当院の整体では、このような原因をみつけて症状を改善していきます。

「なかなか良くならないな~」とお悩みの方は、しっかり原因をはっきりさせて改善していくことをおすすめします!

背中の痛みでお悩みなら原因を熟知している当院へお越しください!

スタッフの声かけ

整形外科では、背中の痛みは様子見になってしまい特にすることがありません。

また、「内臓が悪いのかも?」とご心配の場合は内科にまず行ってみてください。おそらくは特に問題はないはずです。

リラクゼーションでは根本的な解決にはなりません。

背中の痛み、こりにお悩みの方は、当院での整体やカイロプラクティックを受けることをお考えになってください。

検査をするだけでも今後の生活習慣の参考になりますので、お気軽にご相談ください。